【怒り新党】新3大・低いのに登りづらい山★岳山・鳥越山・茶臼山

1月11日放送のマツコ・有吉の怒り新党、新3大のコーナーより、全国にある「低いのに登りづらい山」を大調査!

国内外500以上の山を登頂した登山家の加藤浩二さんとともに選抜していきます。ご覧ください!

関連記事★
【マツコ・有吉の怒り新党】新・3大★NASAのHPで見られるスゴい映像!
新3大・本当に見つかった埋蔵金【怒り新党】白鷹町・合志市・銀座

■目次


 ▶石川県珠洲市・岳山
 ▶新潟県村上市・鳥越山
 ▶広島県江田島市・茶臼山

スポンサーリンク










■石川県珠洲市・岳山


ひとつめは石川県にある岳山(だけやま)。民家の裏にひっそりと佇む標高37メートルの山です。

2017-01-12 11.46.56.jpg

低山ならではの特徴をぎゅっと詰め込んだ、なめると危険な山!加藤さんが12年前に訪れた際、とっても登りづらく危険な思いをしたとのこと。地元の人も落ちたら100%命を落とすぞ!と脅すほど。

地元では毎年10月10日に開催される秋の大量祈願のために、岳山に登る習慣があるのだそう。

山の右側のルートからなら登りやすいとのことで、いざ挑戦。枯草だらけの斜面、眼下には日本海の荒波が手招き。気を付けて登らないと今にも滑り落ちそう…。進んでいくと乱雑に生える無数の木木、と試練は続きます。

2017-01-12 11.49.48.jpg

いよいよ頂上!祭りのときに参拝するというお社が出迎えてくれました。

2017-01-12 11.52.55.jpg

目次にもどる


■新潟県村上市・鳥越山


ふたつめは新潟県村上市の鳥越山(とりごえやま)

2017-01-12 13.20.49.jpg

加藤さんいわく、とにかく怖い山、ロケがなければ二度と登らなかったというほど危険な山なんだそうです。

標高は50メートル、山というより巨大な岩の塊のようです。登山道はないので、藪漕ぎで登っていきます。

2017-01-12 13.21.48.jpg

登山のプロでさえ苦戦するというこの山。結局、加藤さんは登頂まで行くことを断念。カメラを通してみるだけでも足がすくむような絶壁…これはさすがに無理ですね。

2017-01-12 13.23.54.jpg

目次にもどる


■広島県江田島市・茶臼山


最後は広島県江田島市にある茶臼山(ちゃうすやま)

2017-01-12 13.32.10.jpg

左右にそびえる岩のような山。標高はなんとおよそ11メートル、ビルでいえば3階建て程度の高さなんです。ルートは松林がびっちり生えていて、それをかき分けながら進むことに。

2017-01-12 13.33.20.jpg

頂上からは瀬戸内海の海が一望できます。見事な眺望に加藤さんもご満悦。

2017-01-12 13.33.57.jpg

この山の一番の難関はもう片方の山へのルートが干潮時のわずかな時間しかないこと。満潮になると道がなくなって離れ小島になってしまうのです。

2017-01-12 13.35.53.jpg

ちなみに全国にはおよそ50の茶臼山が存在しているそうです。上部が平らで茶臼の形に似ていることから由来されているのだとか。

2017-01-12 13.34.36.jpg

目次にもどる

いかがでしたか?低いとはいえ、超難関の低山。決して真似して登らないでくださいね、とのことでした