【ノンストップ】子ども4人が東大合格!佐藤ママ流「大学入試まで役に立つ小学生を勉強させる方法」って!?

6月2日放送のフジテレビ系『ノンストップ』では、東京大学理Ⅲに子ども4人を合格させた佐藤亮子さん(佐藤ママ)の魔法の習慣「小学生を勉強させるワザ」を教えてくれました。

佐藤さんは進学塾の受験アドバイザーに就任され、全国で講演会を行うなど話題になっているそうです。そんな佐藤ママの「小学生を勉強させるワザ」をご紹介します!



■目次


 ▶子供部屋は作らない!
 ▶子供が勉強しやすいようにサポート
 ▶勉強は寝転んでやっても良し!
 ▶子どもへの声掛け、ほめ方は?
 ▶プラス10点の魔法

スポンサーリンク










関連記事★
大人の手作りアクセサリー★【ノンストップ】自宅にあるもので簡単ハンドメイド

■子供部屋は作らない!


佐藤家ではリビングの中に子供たちの勉強環境を整えているとのこと。

動線を短くすることで子どもは勉強するので、リビングで全ての学習が出来るようにしていたそうです。
2017-06-02 10.02.09.jpg

よくリビング学習の是非が問われ、集中するにはやはり子供部屋で静かにやらせた方が良いのではという声もありますが、佐藤ママは否定的でした。

”子供部屋に行く”という行動がまずハードルになってしまうのだとか。いつでもすぐに取り組めるリビング学習が◎!テレビがうるさいというのであれば、テレビに布をかけてしまってしまえば良いとのこと。

佐藤家ではリビングにはテレビもソファも置かず、子どもの勉強第一の環境作りに徹底!

各教科の教材もリビングで分かりやすく管理されて、いつでも使いたいときに使えるように整理されていました。
2017-06-02 10.22.25.jpg

ちなみにリビングでくつろげないのは苦痛ではないのか、という質問には「リビングでくつろげないことよりも、点数が悪いことの方がストレスになる」とのことでした。

目次にもどる


■子供が勉強しやすいようにサポート


子供に勉強させるなら、親のサポートは絶対に必要!!とのこと。

子供は基本的に勉強が嫌いなもの。そこで勉強をするためのハードルを下げてあげることが大事なのだそうです。

例えば、佐藤家では…

◎問題集にインデックス
問題集に分かりやすくインデックスを貼ってあげることで、必要なところがパッとめくれて取り組みやすくなるそうです。

◎別冊解答作り
もともとは一冊だった問題と解答を分けて、別紙にしてあげることですごく使いやすくなるとのこと。

◎徹底したスケジュール管理
子どもが「今日何しようかな?」と迷った時に、今日は国語と算数を3ページずつね、と計画を立ててあげるのだそう。

2017-06-02 10.28.44.jpg

毎日作るのは大変なので、1か月分のスケジュールをまとめて決めていたそうです。

もしスケジュール通りにいかなかったときは、どうやって残った分をやっていくかを子どもと相談しながら決めるとのこと。もちろん、子どもが希望すれば休みの日も作ってあげていました。

目次にもどる

スポンサーリンク










■勉強は寝転んでやっても良し!


子どもにとって、勉強机に座って鉛筆もって姿勢を伸ばしてやるというのはとってもハードルが高いこと。だからなかなか勉強をし始めようとしないのだそうです。

だから佐藤家では、とりあえずコタツに寝転びながら勉強していいよと伝え、始めさせるとのこと。

そのうち体が痛くなって起き上がるので、それから机に向かって続きをすればOK。最初はハードルを下げて、徐々にやらせていくのがポイント!

目次にもどる


■子どもへの声掛け、ほめ方は?


視聴者から「1時間かけて算数の問題を1問解いた息子を褒めてあげるべきか」との質問がありました。

佐藤ママの答えは「時間をかけたことに対して褒めない。けど、けなさない」

佐藤家では小学生の算数の問題は1問5分までと決まっており、タイマーをかけて行っていたそうです。そうすると5分間真剣に集中してくれます。

5分経っても解けなかったら答えを見なさいと言うと、自分で解きたいと思ってしっかり集中して頑張ってくれるのだそう。

目次にもどる


■プラス10点の魔法


もし子供が60点を取ってきたとき、親は残りの40点を見直そうとしてしまうもの。

ですが、それは子供にとっては厳しい条件です。半分程度しか理解できていない子にとって、残りの問題は難しすぎるのだそう。

子どもと一緒にテストを見直し、「どれだったらもうちょっとで解けたかな?」という問題を探します。そして「これが解けてれば70点だったかも?」と子供が認識できれば、ちょっとやる気が出る!

次にやるテストは70点取れれば良い。これを繰り返していけば、いつかは必ず解けていくようになるのだから、とのこと。

全体的に、佐藤ママの理論としては「子どもの勉強するハードルを下げる」「取り組むきっかけを一緒に作ってあげる」ということが大切なようですね!

目次にもどる

関連記事★
勉強大好き芸人!【アメトーク】パーフェクト勉強法・100点取れるノート・読書感想文の書き方、他
勉強大好き芸人!【アメトーク】未公開SP★問題集の効率的なやり方&フリーダンジョン勉強法

スポンサーリンク