勉強大好き芸人!【アメトーク】パーフェクト勉強法・100点取れるノート・読書感想文の書き方、他

3月19日放送のテレビ朝日系『日曜もアメトーク』より、勉強大好き芸人で紹介されたとっておき勉強法をまとめました!

関連記事★
【ビビット】「中田式」読書感想文の必殺技!ポイントはたった3つ!

■目次


 ▶中田敦彦のパーフェクト授業
 ▶カズレーザーのとっておき勉強法
 ▶宇治原史規の100点取れるノート
 ▶中田&カズの読書感想文の書き方

スポンサーリンク










■中田敦彦のパーフェクト授業


オリエンタルラジオのあっちゃん(慶応大学)が教える㊙勉強法!

■どこで勉強すると集中できる?
受験とは「どれだけ机に向かうか」の勝負ではない。「どれだけ机に向かわないか」の勝負である!

勉強はどこでもできる。例えば歯磨き中、入浴中、移動中、休み時間など。1日中勉強するのは大変と思うのはおかしい。なぜなら、1日のうちにまとめて集中した時間に勉強をするのは、1日中空腹で夜中に大量の食事を取るのと同じこと!細かく分けて、色々な場所で少しずつ勉強するのが賢い勉強の仕方なのだそう。

2017-03-20 06.34.13.jpg

洗面所に年表や英単語貼っておき、歯磨きしながら覚える!
通学時間はリスニングの勉強!
休み時間は友達と小テストを出し合う!
半身浴しながら、長文読解!

どんなところでも出来る、少しの時間を利用して勉強する!この習慣を身に着けることが大切なのです。


この人たちも細かくわけて勉強することをオススメ!

宇治原さんもたびたび「集中力が続かないのはどうしたら良い?」と質問を受けるそう。

その答えは、10分しか続かないなら、10分だけでいい。10分やって2分休憩を5回、6回と繰り返せば、1時間勉強したことと同じなんだから、とのこと。自分のモチベーションや集中力と向き合って、自分にあったペースで勉強を継続していければ良いということですね。

ヒャダインさん(京都大学)は、常に和英辞書を持ち歩いていたそうです。目についたものを英訳してみようとし、分からなかったら答えを見る、といったゲーム感覚で英単語を覚えていったとのこと。


■志望校どうする?と聞かれたら
友人にどこを受けるの?と聞かれたらなんて答えますか?

A:超難関レベル
B:頑張れば入れるかも(適度な目標)
C:おそらく入れそう(滑り止め候補)


ほとんどの人は本当はBと答えたいが、保険をかけてBとCを答えてしまうもの。

だけど正しい答えは「Aしか受けない」!!

これを聞いた友人はおそらく衝撃を受け、噂が広まる。そうすることにより、自分を追い詰めることが出来る!人に追い詰められるのではなく、自分で自分を追い詰めることが大事なのだそう。

例えば親に「Aしか受けちゃダメ」と言われるのと、自分で「Aしか受けないぞ!」と覚悟を決めるのは大きな違い。自分を追い詰めることで、より頑張れる!!

そして、実際にはこっそりAだけでなくBもCも受けて良い。なぜなら友人すら欺く、それが受験戦争だから!

★本日より予約受付開始!4月8日発売、中田敦彦の大合格


目次にもどる


■カズレーザーのとっておき勉強法


カズレーザー(同志社大学)は勉強法は「見る+描くで記憶力アップ」!!

見るだけよりも書いた方がより記憶力がアップします。

例えば地図の上にトレーシングペーパーをおき、実際に自分で描いてみる。それにより色々な背景も分かるようになるから、より早く覚えられるようになるとのこと。

オリラジあっちゃんも、歴史上の人物など著名人の似顔絵を描いて、より深く理解を深めていたそうです。

また、マルクス=アウレリウス=アントニヌスなど長い名前の人はリズムで覚えるのがおすすめ!「このリズム気持ちいい」と体が思うことが覚える近道になるとのこと。

目次にもどる


■宇治原史規の100点取れるノート


宇治原史規(京都大学)と田畑藤本・藤本(東京大学)の効率的なノートの取り方!

藤本さんは学生時代「ノートをとらなかった」そうです。

授業中は話を聞き理解することに専念し、授業後にわからないことがあったら聞きに行く!!ノートを取ることに集中してしまうと授業を聞くのが薄れてしまうから。実際に東大では授業後の黒板の写真を撮る人が多かったそうです。


宇治原さんも、ノートは要点だけささっと書き、先生の話に集中するというものです。

要は黒板を書き写すより、授業の理解が大事!!

実際に代々木ゼミナールで授業を受け、ノートに取ってもらったのがこちら。

2017-03-20 07.10.48.jpg
2017-03-20 07.12.22.jpg
2017-03-20 07.12.32.jpg

授業中は先生の話に集中し、要点だけをまとめていました。先生が分かりやすく色分けして書いていても、鉛筆のみで筆記し、先生の言葉で必要なことをささっとメモするなど、タイムロスを出来るだけ防ぐのも大切。

黒板は主役ではなく、あくまで先生の補助。板書に集中しすぎると授業で大切なことを聞き漏らす危険大!!

もしこれからの授業でタブレットが主流となっていくのであれば、黒板の撮影タイムを導入するのも良いのでは、とのことでした。

目次にもどる

スポンサーリンク










■中田&カズの読書感想文の書き方


なかなか書き方を学ぶ機会がない読書感想文。

そんな読書感想文を簡単に書くコツをご紹介します。

■わかりやすくするために、「あらすじ」から入る
カズレーザーは読み手に分かりやすくするため、まずはあらすじを書き、後半に感想や印象に残るシーンを書いていました。そして最後に、自分なりの解釈を入れる3ブロック構成となっています。

感想だけでは、全体を理解しているのかが読み手に伝わりづらいとのこと。

最後には、「この物語から何を学んだか」ということを入れるのが大切なのだそうです。

■インパクトのある出だしに!

あっちゃんの読書感想文は、

「この世界には2種類の人間しかいない。」

から、始まります。

あっちゃんいわく、この文章はどんなものにでも使えるとのこと。例えばアンパンを好きな人間と嫌いな人間、など。そして冒頭にこの一文を入れることで、読み手に大きなインパクトを与えることが出来るのだそう。

採点者へのインパクトを与えることが何より大事というあっちゃん。学校の先生では数十人、受験の採点者はより多くの受験生の読書感想文を見ることになります。その中で、どれだけ相手に印象付けられるかがポイントなのだそうです。

目次にもどる

関連記事★
【ビビット】「中田式」読書感想文の必殺技!ポイントはたった3つ!
【アメトーク】大人気★家電芸人2016最新オドロキ家電17連発!
【アメトーク】読書芸人2016~又吉・光浦・若林・カズレーザー

スポンサーリンク