【ノンストップ】話題のスロージョギング★消費カロリーは歩きの2倍!?

1月18日放送のノンストップ「美活★やってます!」のコーナーより、正月太りの解消法はこれ!話題のスロージョギングを大特集!

2017-01-18 11.22.18.jpg


今、関連書籍も続々発売され、外でも注目されている新しいジョギング方法「スロージョギング」とは!?

考案したのは福岡大学の田中宏暁教授。自ら実践し3カ月で-10キロも痩せたとのこと!いったいどんなジョギング方法なんでしょうか。ご紹介します!


■目次


 ▶スロージョギングのコツは?
 ▶スロージョギングで得られる効果
 ▶室内や狭い場所でも実践できる!スロージョギングターン

スポンサーリンク










■スロージョギングのコツは?


■歩くペースでOK!消費カロリーは歩きの2倍
スロージョギングのコツは笑顔で人と話せるくらいゆっくり走ること。無理なくゆっくりとしたペースで続けましょう。


■テンポが大切!1秒間に3歩のテンポ、歩幅は約20センチ
通常のジョギングは蹴るように足の幅を大きくして走りますが、スロージョギングは歩幅を小さく小刻みに走ります。このテンポが疲れずに続けるコツなんだそうです。


■着地は指の付け根から!
ジャンプをして最初に地面に着くように、指の付け根で着地するようにすること。こうすることで小刻みなテンポをキープ出来ます。


■遠くを見てアゴを上げる!
アゴを上げることで呼吸がラクにでき、姿勢も自然とよくなります。そして姿勢が良くなることで歩いている時には使われない腹筋・背筋も使われ、消費カロリーもアップ!

目次にもどる

■スロージョギングで得られる効果


■スロージョギングに使われているのは持久力に優れた筋肉
にこにこペースで走るときに使われているのは太もも全体を始めとする身体全身の筋肉を使用しているのです。歩くときは足の後ろ側の筋肉しか使われないので、大きな違いと言えます。

2017-01-18 11.25.14.jpg


■毛細血管が効率よく伸びる!
太ももの筋肉をよく使うことで、毛細血管がまっすぐに効率よく伸びるのです。それによって末端まで血液が巡るため、とっても体に良い運動であると言えます。

目次にもどる

スポンサーリンク











■室内や狭い場所でも実践できる!スロージョギングターン


室内や狭い場所でも手軽にスロージョギングをすることをスロージョギングターンと言います。その方法をご紹介します。

①まず始めに同じ場所でジャンプを繰り返し、指の付け根から着地する感覚をつかむ
②背筋を伸ばしあごを上げる
③1秒間に3歩のペース、かつ1歩約20~30センチの歩幅で進む
④3拍子を意識して4回目でターンする、を繰り返す

目次にもどる

スロージョギングは1日30分程度が目安とのこと。細切れでもOK!隙間時間で気軽にスロージョギングを実践してみましょう。

関連記事★
【めざましテレビ】ゲーム感覚で楽しめる!無料ダイエットアプリランキング★
【ノンストップ】2017最新美活トレンド★ギルトフリー・FTF・イカロス、他