本当は怖い歯周病【グッドモーニング】最新の治療法と予防はこれだ!

2月14日放送のテレビ朝日系グッドモーニングより、実は成人の8割がかかっているという”歯周病”、予防法と最新治療を大特集!

■目次


 ▶歯周病ってどんな病気?
 ▶どんな治療をすれば良いの?
 ▶歯周病予防に効果的な方法は?

スポンサーリンク










関連記事★
万病の元!歯周病でアルツハイマーも!?【モーニングショー】簡単チェック法&予防法

■歯周病ってどんな病気?


歯周病とは”歯周病菌”が原因となる病気です。歯周病菌が血管などに入り炎症を引き起こしてしまうと脳卒中や心筋梗塞などの発病リスクが1.5~2.8倍に上がってしまうのだそうです。

60代以上では約9割、20代の若者でも実は7割もの人がかかっていると言われています。

初期症状としては、

・歯ぐきの腫れ
・歯と歯ぐきに隙間ができる


といったことが見られます。

2017-02-14 09.04.34.jpg

中期以降になってくると、

・口臭の悪化
・歯を支えている歯槽骨が溶ける


といった症状が出てくるようになり、最悪の場合は歯が抜けてしまうケースもあります。


目次にもどる



■どんな治療をすれば良いの?


初期の場合は炎症を抑えるための投薬治療や歯垢のクリーニングを行います。ほとんどの人はこの段階で治まるそうです。

ですが、中期以降にまで進行してしまった場合はそれ以上の進行を遅らせる治療ことしか今までは出来なかったのです。

ところが、最新の治療法として”世界初”の歯周病治療薬が日本で発明されました!

その薬が去年の12月に発売された”リグロス”
2017-02-14 09.12.35.jpg


この治療薬を使えば、「失った歯槽骨を再生させる」ことができるのです。以下の画像を見てみると、治療前と比べて治療後の骨の量が増えているのが分かります。

2017-02-14 09.09.53.jpg

また、現在のところ大きな副作用も確認されていないという、まさに画期的な薬なんです。


治療の方法ですが、歯ぐきを切開し「リグロス」を歯槽骨に塗るという手術を行う必要があります。治療時間は1時間~1時間半程度、治療費は保険適用3割負担でおよそ2万円程度(診察代別)です。

リグロスによる治療が可能な病院は全国の歯学部付属病院など29カ所(平成29年2月現在)とのこと。

ゆくゆくは街の歯医者さんでも行えるようになるそうです。

目次にもどる

スポンサーリンク










■歯周病予防に効果的な方法は?


歯周病にならないように、日常生活から気を付けていくことは出来ます。

■大切なのは歯ブラシの管理!

水洗いして置いておくだけでは1日に約1千万個もの細菌が増殖してしまうことがあります。菌の付いた歯ブラシを使用すると、歯周病の悪化につながる可能性も。

そしてそれを解決するのは”紫外線”!太陽にあてるだけで、多くの細菌をやっつけることができます。外に出さなくても、洗面所の小窓などに置くだけで違うそうです。

2017-02-14 09.19.36.jpg


また、最近では歯ブラシの除菌をするアイテムも続々登場しています。そういったものを使うのもひとつの手段ですね。

番組で紹介していた製品はこちら↓

オーラクリーンDX(5000円)

★こちらから購入できます★

エセンシア歯ブラシ除菌器(3980円)

★こちらから購入できます★

■チョコレートで歯周病予防!
チョコレートの中に含まれるカカオポリフェノールが歯周病予防に効果があると言われているそうです。

食べる時にすぐに噛んで飲み込まずに、ゆっくりと口の中全体にいきわたらせるようにして食べるとよいとのこと。ただし、砂糖も多く含まれていますので、食べた後はしっかり歯磨きも行いましょう。

目次にもどる

関連記事★
【サタプラ】3つの口まわりチェックで分かる冬の病気予防★

スポンサーリンク