今が旬!魚の目利き【ハナタカ】天然鯛と養殖の違い・魚の鮮度の見分け方・鯵の選び方・イカをさばく時

6月22日放送のテレビ朝日系『日本人の3割しか知らないこと』より、さかな検定認定者の小学生&高校生が教える魚の目利き

番組で紹介していた情報をまとめましたので、参考にしてくださいね。

関連記事★
高校生野菜ソムリエが教える目利き!旬の野菜見分け方・保存法・調理テク
今時の常識!食べ物・健康・子ども【日本人の3割しか知らないこと】ハナタカ優越館

■目次


 ▶天然の鯛と養殖の鯛の見分け方
 ▶魚の肛門で鮮度を見分ける
 ▶美味しいアジの選び方
 ▶イカをさばく時のポイント

スポンサーリンク










こちらもオススメ★
得損ヒーローズの料理の時短ワザ!【得する人損する人】ゆで卵のみじん切り・ワインのシミ、他
春のお弁当の新常識!【ソレダメ!】かたよらない弁当・煮物の汁漏れ防止・冷めても美味しい唐揚げ、他
牛肉料理の新常識!【ソレダメ!】ステーキ・ハンバーグ・牛カツ・ローストビーフ

■天然の鯛と養殖の鯛の見分け方


天然の鯛と比べて、養殖の場合は深く潜れないため、日焼けして黒くなっているそうです。

また、目の下にある鼻の穴のようなものが天然は4つに対し、養殖は2つしかないとのこと。なおこの理由は分かっていないそうです。

2017-06-22 20.16.00.jpg

目次にもどる


■魚の肛門で鮮度を見分ける


魚の鮮度は肛門を見ると分かるそうです。

少し開いて内蔵が出ている物は鮮度が悪く、逆に締っているものは新鮮!これは全部の魚に共通するそうです。

目次にもどる


■美味しいアジの選び方


今が旬の鯵は、「小顔」に見えるものを選ぶと◎。

アジはもともと回遊魚なのですが、瀬付きアジと呼ばれる内海で育ったものはあまり回遊していないため、身が太く小顔に見え、脂質がのる為美味しいと言われるとのこと。

スポンサーリンク










また切り身の場合は白っぽく血合いの模様が薄いものの方が脂が多いと言われています。

目次にもどる


■イカをさばく時のポイント


■2本の長い腕は切る
この2本の長い腕は雑菌だらけなので、切るようにしましょう。


■水であまり洗わない
水道水であまり洗うと水っぽくなってしまいます。表面の汚れをさっと落とす程度にしましょう。


■イカの飾り切りはアニサキス対策
イカには最近話題のアニサキスがいることがあります。たて・よこと飾り切りをするのは噛みやすいようにという理由以外にアニサキス対策でもあるとのこと。

また、蛍光灯にイカをかざせば寄生虫が透けて見えるので、自分で調理する際には試してみるといいですね!

関連記事★
寄生虫アニキサス特集【モーニングショー】医療の”最前線”と対策!家にあるあの薬が効く!?

目次にもどる

こちらもオススメ★
今日から変われるランキング!ベスト20【世界一受けたい授業】花粉対策・美文字・朝活、他
今日から変われるランキング!ベスト20【世界一受けたい授業】肩こり・噛み合わせ・ダイエット、他
春ごはん新常識SP【ソレダメ!】あさり&パンの新常識特集


スポンサーリンク