大人の手作りアクセサリー★プラバン編【ノンストップ】自宅にあるもので簡単ハンドメイド

5月17日放送のフジテレビ系『ノンストップ』美活★やってます!のコーナーより、プラバンやマニキュアで大人のハンドメイドアクセサリー作り特集!

昔懐かしいプラバンで作る簡単でオシャレなアクセサリー作りをご紹介します!

教えてくれたのはプラバン本作家のナナアクヤさんです。



マニキュア編はこちら↓
大人の手作りアクセサリー★マニキュア編【ノンストップ】自宅にあるもので簡単ハンドメイド

■目次


 ▶初級編★貝殻ピアス&ネックレス
 ▶上級編★立体花ブローチ
 ▶達人のおすすめアイテム


スポンサーリンク









こちらもオススメ★
人気急上昇のミールキット特集【とくダネ!】主婦に嬉しい時短&豪華な献立キット!

■初級編★貝殻ピアス&ネックレス


2017-05-17 12.33.44.jpg

【材料】
プラバン
ペン
ハサミ
手袋(木綿100%)
アクセサリーパーツ
オーブントースター
アルミホイル

※プラバンは↓のようなオーブントースターでの使用を目的としたものを使いましょう


【作り方】
①人さし指・中指・薬指の腹を使って優しく円を描きながらプラバン全体が半透明になるまで、紙やすりでこする
2017-05-17 12.24.30.jpg

<達人ポイント!>
やすりがけをすることで、そのままでは色がつかない色鉛筆やクレパス、パステルなどの画材も使えるようになり、色塗りの幅が広がります。またテカリが少なく半透明な仕上がりになるので、プラバンとは思えない高級感ある雰囲気に!

②切り取りたい形のイラストにプラバンを重ね図形をなぞり、線に沿ってハサミでカットする
2017-05-17 12.25.23.jpg


③塗りたい色の油性マーカーを折りたたんだキッチンペーパーに塗り、プラバンを優しくこすり色付けする
2017-05-17 12.26.00.jpg

<達人ポイント!>
キッチンペーパーを使うことで柔らかいグラデーションが作れます。複数の色を重ねるとより華やかに。加熱後に色が濃くなるので色づけは薄くてもOK!

⑥アクセサリーパーツ用の穴をパンチで開ける
2017-05-17 12.28.33.jpg


⑦180~200℃のオーブントースターで加熱する
2017-05-17 12.30.32.jpg
プラバンの取り出しタイミングは一度丸まった後、平らに戻った瞬間です。

⑧手袋をして取り出し、熱いうちに形を作る
貝殻に押しつけて模様を転写したり、丸めて巻き貝の形にする等、お好みの形を作ります
2017-05-17 12.30.11.jpg

⑨アクセサリーパーツを取り付ければ出来上がり!

目次にもどる

スポンサーリンク










■上級編★立体花ブローチ


2017-05-17 12.45.28.jpg

【材料】
プラバン
計量スプーン(大中小)
手芸用接着剤
ブローチ台

【作り方】
①プラバンのパーツを準備する
花びらパーツ大×2、花びらパーツ小×2、丸パーツ×1
2017-05-17 12.40.19.jpg


②初級編同様に全てのパーツに色を塗り、オーブントースターで加熱する
2017-05-17 12.42.49.jpg

③加熱直後の軟らかいパーツを計量スプーンに押し付けてカーブを作る
2017-05-17 12.44.13.jpg
それぞれの花びらの大きさに合わせた計量スプーンを使ってください

③それぞれのパーツを重ねて、立体的な花を作る
2017-05-17 12.44.59.jpg

④手芸用ボンドで接着し、ブローチ台をつければ出来上がり!
2017-05-17 12.45.51.jpg

目次にもどる

こちらもオススメ★
100円ショップでDIY【シューイチ】キャンドゥ・セリアのオススメ商品
Chikoさんの100均DIY【スッキリ!!】アメリカンヴィンテージ風リメーク

■達人のおすすめアイテム


■エンボスヒーター


250℃くらいの熱風を出すことができるヒーターです。

オーブントースターに入らないサイズのプラバンを使う際、ヒーターの熱風を当ててプラバンを縮めることが出来ます。バングルなどを作る時に便利です。

<エンボスヒーターの使い方>
①耐熱の容器にアルミホイルでふんわりとフタをする
②その隙間から切ったプラバンを差し込みながら当てると、熱でプラバンが縮む

2017-05-17 12.53.33.jpg
200度以上の熱風が出るので、使う際は気を付けてください!

■カッティングマシン
ブラザースキャンカットCM110 5万5,000円(税抜)


データを入れることで紙や布を好きな形に切ることができる機械です。

<カッティングマシンの使い方>
①作りたいデザインのデータを取り込む
②機械の中にプラバンをセットする

切り抜かれたプラバンに少し加工を施し、オーブントースターで温めると、かなり凝ったデザインのアクセサリーが作れます。

2017-05-17 12.58.37.jpg

自分で作ったデザインデータを取り込んだり、手書きで描いたデザインをスキャンして読み込ませることができます。

目次にもどる

マニキュア編はこちら↓
大人の手作りアクセサリー★マニキュア編【ノンストップ】自宅にあるもので簡単ハンドメイド

こちらもオススメ★
【ヒルナンデス】激安アイテムでNYブルックリン風の収納を作る!①
【ビビット】100円ショップセリア特集!夏目あや子さんが教える簡単DIY
【マツコの知らない世界】100均DIY★すぐにマネ出来るプチプラアイテム活用術①
【ヒルナンデス】激安アイテムでDIY★7万円でカフェ風に!髙橋江里子さんのお宅訪問①
達人のプチプラDIY★賃貸住宅をナチュラルフレンチ風にリメイク!

スポンサーリンク