【グッドモーニング】今話題のマインドフルネスって!?1日3分”脳の休息”で記憶力&集中力アップ!

1月30日放送のテレビ朝日系グッドモーニングより、1日3分で”脳の休息”記憶力と集中力をアップするという脳のエクササイズ”マインドフルネス”を大特集!

テニス界のスーパースター、ジョコビッチ選手やアップル社のスティーブ・ジョブス氏も実践していたという最高の休息法とも言われるマインドフルネス。認知症予防やうつ病・慢性疼痛改善にも効果が期待できると言われています。そんなマインドフルネスについて、ご紹介していきます。

こちらもオススメ★
10歳若返る!?脳活でアンチエイジング!【ミヤネ屋】記憶の仕組み&超簡単トレーニング

■目次


 ▶マインドフルネスって?実験で判明した”脳の変化”
 ▶マインドフルネスのやり方は?
 ▶日常生活の中で出来る!マインドフルネス
 ▶マインドフルネスに効果的な時間は?

スポンサーリンク










■マインドフルネスって?実験で判明した”脳の変化”


■マインドフルネスって何?
マインドフルネスとは1979年にマサチューセッツ大学医学部のジョン・カバットジン博士が提唱したもの。最近になって日本でも早稲田大学の教授や医師などが「マインドフルネス学会」を設立され、関連書籍が次々出るなど注目を集めています。

マインドフルネスでは、今、この瞬間を意識することが大事なのだそうです。

通常、脳は過去や未来を含めた現在を考慮していますが、マインドフルネスでは”今”だけを考えることによって、脳を休息させます。

■実験で分かったマインドフルネスによる”脳の変化”
ハーバード大学ではマインドフルネス未経験者16人を対象に1日45分、8週間の実験を行いました。

その結果、記憶などをつかさどる脳の海馬が5%も増加したことが分かったのです。

2017-01-30 11.49.05.jpg

これにより、記憶力および集中力がアップしたと言えるそうです。

目次にもどる


■マインドフルネスのやり方は?


マインドフルネスを自宅で行う方法をご紹介します。

①背筋を伸ばして座り、自然な形で鼻呼吸をする
②呼吸だけに集中する
③頭の中で今の状況を実況してみる

コツは現在の状況を実況しながら行うこと。”今、胚がふくらんだな”とか、”空気が冷たいな”といったことを実況すると今の自分だけに集中することが出来るのだそうです。

2017-01-30 11.55.37.jpg


目次にもどる


■日常生活の中で出来る!マインドフルネス


日々の歩行や食事など、日常生活の中で自然に出来るマインドフルネスを紹介します。

例えば、歩行中・・・
ゆっくりと歩きながら体の動きを観察します。今、どの足の指が着地した、どの筋肉を使っているなどを考えながら自分の体と向き合って揚げることでマインドフルネス効果があります。

同じように食事中は、食べるものをじっくりと観察し、味わうようにして意識を食事だけに集中させてみませよう。さらにそれが満足感や満腹感に繋がり、過食防止にもつながり、一石二鳥の効果も!

これらのことを1日3分以上行うようにすると効果大。慣れてきたら時間をもっと伸ばすようにしましょう。

目次にもどる

スポンサーリンク










■マインドフルネスに効果的な時間は?


マインドフルネスに特に良いとされるのは起床時と就寝前の時間です。

その際には仰向けに寝て、自分の体と対話するよう心がけましょう。下半身から始めて、だんだん上半身に向けていくようにするとなお良いとのことです。

目次にもどる

★こちらもオススメ★
1か月で開脚!話題のストレッチ★Eikoさんのシェイクヨガ
国民の1割が患う過敏性腸症候群!自宅でできる緩和マッサージ