【ノンストップ】暮らしのたしなみ★巻きずしの粋な楽しみ・恵方巻きの上手な作り方

1月30日放送のフジテレビ系ノンストップより、節分に食べると縁起が良いとされる”巻きずし”の粋な楽しみ方をご紹介します!


■目次


 ▶節分に巻きずしの由来
 ▶名店の巻き寿司<
 ▶巻きずしに入れるキュウリを美しくする方法
 ▶プロが教える恵方巻きの作り方

スポンサーリンク











■節分に巻きずしの由来


なぜ節分に巻きずしが食べられるようになったのでしょうか?

それは江戸時代の末期に大阪の商人たちが旧暦の新春に向けた縁起担ぎのために始めた風習と言われています。

巻きずしは鬼が持つ”金棒”に見立てられているのだそうです。邪気を払うために行う豆まきと一緒に、金棒を奪うという意味で形の似ている巻きずしを食べ、福を取り込もうとしていたのだとか。※諸説あります

そして”恵方巻き”と呼ばれるようになったこの行事は、近年では全国で行われるようになりました。

今年の恵方は北北西。福が逃げないよう1本食べ終わるまで無言で願い事をしながら、丸かぶりをするのがたしなみなのだそうです。

目次にもどる


■名店の巻き寿司


■銀座寿司幸
2017-01-30 10.35.14.jpg
明治18年創業の老舗寿司店”銀座寿司幸本店”では創業当時から変わらない海苔を二重に巻いた太巻きを販売しています。他の店にはない形にすることで、花柳界で誰がどこの店のものを食べているのか一目でわかり、屋号の代わりになっていたそうです。

中心に入れるのはその店の自慢の具材!寿司幸では芝エビや山芋の入った厚焼き玉子、1時間半もかけて焼いているこだわりの一品です。

★こちらもオススメ★
大注目!進化系恵方巻き★大丸東京店
デパ地下&コンビニの人気恵方巻き特集★

■京都の老舗 いづう
2017-01-30 10.42.13.jpg
秘伝のタレで煮込んだ大きなシイタケを主役にするため、周りには白いかんぴょうを巻き、シイタケ以外の具材は薄味に仕上げているそうです。


■茶化石寿司店 有職
2017-01-30 10.44.46.jpg
東京赤坂にある茶懐石寿司店 有職では”具材の数”にこだわっています。縁起の良い末広がりの八にかけ、8種類の具材を使用、奈良漬やカニ、シイタケなど味のバランスを考慮して巻かれている節分にピッタリな巻きずしです。

目次にもどる



■巻きずしに入れるキュウリを美しくする方法


巻きずしの中に入れる胡瓜から水分が出てしまうと具材が崩れたり味が損なわれてしまいます。

そこで、キュウリを湯通しするのがおすすめ!

2017-01-30 10.49.13.jpg

さっと湯通しした後に氷水で冷やせば、発色がよくなり、色が長持ちします。キュウリの臭みも取れるので一石二鳥。ぜひお試しください!

目次にもどる

スポンサーリンク










■プロが教える恵方巻きの作り方


①恵方巻きの海苔は横長なるようにまきすに置く
2017-01-30 10.51.30.jpg


②酢飯は200g程度を2か所に分けて置いてから、ふんわりと広げる
2017-01-30 10.54.56.jpg
2017-01-30 10.55.40.jpg


③ご飯の真ん中あたりに具材を乗せていく
2017-01-30 10.57.45.jpg


④具材をぐっと押してから、すだれを押さえつけないように海苔を巻いていく
2017-01-30 10.59.11.jpg


★ポイント★
・通常の太巻きはのりを縦に置くが、恵方巻きは一口で食べるため、巻きが小ぶりになるように横向きで巻いていきます
・御飯を広げる時は、押し付けず、崩すような感じで広げていくこと
・海苔は時間が経って湿気ると縮むので、きつく巻かなくてもOK

目次にもどる