深い呼吸で若返る!【主治医が見つかる診療所】驚きの即効性!寝るだけ横隔膜伸ばし

5月29日放送のテレビ東京『主治医が見つかる診療所』より、正しい呼吸法で血流アップ&痩せやすい体を作る!正しい呼吸法とストレッチをご紹介します。

関連記事★
深い呼吸で若返る!【主治医が見つかる診療所】巻き肩の簡単チェック法&今すぐできるストレッチ
1日3分で体を柔軟にして若返る!【主治医が見つかる診療所】1人で出来る簡単ストレッチ

■目次


 ▶横隔膜って何?
 ▶横隔膜の動きをチェック
 ▶簡単!寝るだけ横隔膜伸ばし

スポンサーリンク











こちらもオススメ★
【シューイチ】1か月で開脚!話題のストレッチ★Eikoさんのシェイクヨガ
【ノンストップ】話題のスロージョギング★消費カロリーは歩きの2倍!?

■横隔膜って何?


横隔膜とはみぞおち付近にある膜状の筋肉で、呼吸をするのに不可欠なものです。肺そのものには筋肉がないため、肺だけでは伸縮できません。肺の周りにある横隔膜などの筋肉で胸を伸縮させて肺を動かしているのです。

ですが姿勢の悪さや加齢による筋肉の衰え、体のゆがみなどが原因で、横隔膜の動きが悪くなってしまいがちです。

横隔膜をうまく動かせないと、酸素をそれだけ取り込めなくなってしまうのです。

2017-05-29 21.15.13.jpg

横隔膜はインナーマッスルのひとつです。インナーマッスルを鍛えると代謝が上がり、消化機能などもアップすると言われています。

目次にもどる

スポンサーリンク










■横隔膜の動きをチェック


①みぞおちを通るようにメジャーを巻く
2017-05-29 21.16.39.jpg

②息を吐き切った状態で測定し、次に最大限に吸い込んで測定する2017-05-29 21.17.18.jpg

息を吸った時と吐いた時の数値の違いで、判定します。

5センチ以上の人は正常ですが、5~3センチの人は要注意。浅い呼吸になっている可能性があります。

そして3センチ以下の人は赤信号!

目次にもどる

リンパを流して10歳若返る!【主治医が見つかる診療所】アンチエイジング&免疫力アップ
毛細血管を鍛えて春の肌トラブル撃退!【世界一受けたい授業】美肌のためのトレーニング3つ!
高血圧に朗報!注射一回で効果が数年の「高血圧ワクチン」って?

■簡単!寝るだけ横隔膜伸ばし


①床に寝て椅子の上に足を乗せ、腰と膝が90度になるようにする

②丸めたタオルをお尻の下に置く
お尻を浮かせると内臓が横隔膜を押し上げてくれます。


③胸と腹を同時に膨らませるように意識してゆっくり深呼吸を10回程度行う

朝と晩の2回、2分ずつ行うのがおすすめです。

椅子の高さが合わないときは、タオルなどで調節してください。

目次にもどる

こちらもオススメ★
春のソレダメSP【ソレダメ!】座って出来る!ながらヨガ
家事をしながら出来るお尻体操!【ソレダメ!】アヒル&スケーターのポーズで美尻を作る!

スポンサーリンク