知らないと損!医療費特集【ノンストップ】領収書の見方・時間外診療・医療費控除について

5月18日放送のフジテレビ系『ノンストップ』あなたの知らないセケンのコーナーより、知らない損するお金ブス習慣”医療費編”特集!

実は損してる…!?医療費に関するお得な知識をまとめてみました。

教えてくれたのはのべ3000件のマネーカウンセリングを行う株式会社エフピーウーマン代表取締役の大竹のり子さんです。

↓第2弾&第3弾はこちら
知らないと損する医療費第2弾!高額療養費制度の落とし穴、賢い薬局利用法など
知らないと損する医療費第3弾!薬局の疑問いろいろ解説・かかりつけ薬剤師とは

■目次


 ▶医療費の領収書・点数の見方
 ▶時間外診療について
 ▶医療費控除で得をする!?


スポンサーリンク












■医療費の領収書・点数の見方


病院で受け取る領収書には初診料や医学管理…など色々な言葉が書かれていますが、何のことかわからない…そんな人も多いはず!

■領収書の点数って何?
点数は1点=10円と換算されます。

その中で一般的には医療費3割負担なので、○○点×10×0.3が実際に支払う金額となります。

2017-05-18 11.11.56.jpg



■選定医療費とは?
大病院で初診時にかかる特別料金が”選定医療費”。これは保険適用外となり、200床なら約2000円程度、500床以上あるところなら5000円~が一般的なようです。
※大病院とはベッド数200床以上の病院

ちなみに”医学管理”とは専門の病院や大病院への紹介状を書いてもらうための費用です。

近所の個人病院で診てもらって、改めて大病院を紹介されたら2回医療費を払うことになると考えて、最初から大病院へ行くのはもったいない!大病院の初診料よりも紹介状の方が安いので、最初から大病院に行くよりはまずは近所のクリニックなどで診察してもらう方が実はお得なのです。

目次にもどる

スポンサーリンク











■時間外診療について


時間外診療とは朝の6時~診察開始、または診察終了~22時までのことで、255円の時間外診療費がかかります。

他にも休日は750円、22時~6時までの深夜は1440円の時間外料金がかかってきます。

※自己負担が3割の場合

目次にもどる


■医療費控除で得をする!?


医療費控除とは一家族が一年間(1月1日~12月31日)に支払った医療費が合計で10万円を超えた場合に一部が返金される制度です。(5年前のものまで申告可能)

意外と知らない、どんなものが対象・対象外なのかまとめてみました。

■インフルエンザの予防接種
→×
医療費控除は”治療に対して”という考えのため、予防接種は対象にはなりません

■インプラント
→〇
歯のインプラントは”保険対象外”ですが、実は医療費控除の対象です。歯が欠けたままでは生活に不都合があるので、治療の一環とみなされます。ホワイトニングなどの審美治療はなりません。


■子供の歯の矯正
→〇
こちらも保険は対象外ですが、医療費控除の対象になります。成長期にしっかり歯を治しておかないとその後に影響が出る可能性があるから、とのこと。だいたい中学生くらいまでが対象になるそうです。


■歯医者へのタクシー代
→×
タクシーに乗らないと行けないといった急を要する治療(妊婦さんの陣痛や骨折で歩けない等)であれば対象になりますが、歯の治療では対象にならないそうです。


■薬局で購入した市販薬
→○
病院に行かなくても、治療とみなされるので対象となります。


■レーシック手術
→〇
こちらも保険対象外ですが、医学的な方法で視力を回復するとみなされるので医療費控除の対象になります。ただし、メガネやコンタクトは治療ではない視力の矯正とされるので対象になりません。

↓第2弾&第3弾はこちら
知らないと損する医療費第2弾!高額療養費制度の落とし穴、賢い薬局利用法など
知らないと損する医療費第3弾!薬局の疑問いろいろ解説・かかりつけ薬剤師とは

目次にもどる

関連記事★
大人の手作りアクセサリー★プラバン編【ノンストップ】自宅にあるもので簡単ハンドメイド
大人の手作りアクセサリー★マニキュア編【ノンストップ】自宅にあるもので簡単ハンドメイド

スポンサーリンク