顔に異変!?この春女性を襲う怖い病【スーパーJチャンネル】花粉症皮膚炎・口腔アレルギー症候群、他

3月17日放送のテレビ朝日系スーパーJチャンネルより、シリーズ危ない自己診断「この春女性を襲う怖い病」特集!

関連記事★
10歳若返る!?脳活でアンチエイジング!【ミヤネ屋】記憶の仕組み&超簡単トレーニング
毛細血管を鍛えて春の肌トラブル撃退!【世界一受けたい授業】美肌のためのトレーニング3つ!
老化の原因!ゴースト血管特集【グッドモーニング】毛細血管を増やす方法とは?


■目次


 ▶皮膚掻痒症
 ▶花粉症皮膚炎
 ▶口腔アレルギー症候群
 ▶副鼻腔炎
 ▶急性緑内障発作

スポンサーリンク










■皮膚掻痒症


乾燥や内臓疾患などにより皮膚に強いかゆみが現れ、かくと炎症が広がる症状。

湿疹がそれほど出ていなくて、服に覆われている部分がかゆいといったケースが多いそうです。

花粉の季節は特に口や目の周りが荒れることが多く、ひどい場合だとかゆくなって湿疹になったりします。

また加齢とともに皮脂が減り、皮膚表面の角質層が水分を失われることで、乾燥が進み、かゆみが起きてきます。

全身性皮膚掻痒症の場合、肝機能障害や腎機能障害、悪性リンパ腫、がんなどの内臓疾患が原因である場合があります。症状を感じたら甘く見ずに、かかりつけの医師に相談するようにしましょう。


目次にもどる


■花粉症皮膚炎


本来肌には花粉などの異物を弾き返すバリア機能が備わっていますが、乾燥肌が進行しバリア機能が損なわれてしまうと花粉が表皮まで侵入することがあるのです。

その結果顔や首などの露出した部分にかゆみや酷い炎症がおきてしまうことを花粉症皮膚炎といいます。

2017-03-17 18.05.03.jpg

今年の花粉飛散量は例年よりも少ないものの、乾燥しているため、患者が増加しており、例年の3割増になっているとのこと。
※三鷹はなふさ皮膚科

◎自己流の花粉症対策が重傷が逆に肌のトラブルを招く

乾燥には保湿成分を逃がさぬよう保湿クリームを塗ってスキンケアすることが大切ですが、花粉を意識しすぎる故に過剰に洗顔したり、熱い風呂での長時間入浴をするなど、逆に肌荒れを悪化させてしまうケースがあります。

異変を感じたら早めに診察を受けるようにしましょう。

目次にもどる


■口腔アレルギー症候群


花粉症の人がフルーツ、野菜、ナッツなどを食べた時に、口の中や唇の違和感やしびれ、顔面の腫れ、呼吸困難感が現れる病気です。重症な場合には気管支喘息発作やアナフィラキシーショックをひきこすこともあり得ます。

果物や野菜には花粉とよく似たアレルギー源となるタンパク構造を持つものが存在するのです。花粉症対策としてフルーツでビタミン積極的にとろうとして、逆に命の危険にさらされてしまう…ということも。

症状を誘発しやすいフルーツには苺、リンゴ、メロン、オレンジ、モモ、ナシなど。

野菜の場合はセロリ、ニンジン、トマト、ジャガイモ、ナッツ類では、アーモンド、ピーナッツ、クルミ、ココナッツ、ヘーゼルナッツなどがあります。

目次にもどる

スポンサーリンク










■副鼻腔炎


花粉の飛散量が増えたことで、花粉症がこじれ「副鼻腔炎」を発症してしまうケースがあります。

女性の場合、人前で鼻をかむのが恥ずかしいと我慢してしまい悪化してしまうことも。

鼻水と鼻詰まりを我慢してしまうと滞留した鼻水の中で鼻腔などに常在する肺炎球菌などが増殖し、そのまま横になると菌を多く含んだ鼻水が肺に入って激しい咳をもたらし、さらには肺炎を起こしてしまう危険もあります。

花粉症である多くの人が抱える鼻づまりという症状が、一歩間違えば重症を招く結果になってしまうのです。

目次にもどる


■急性緑内障発作


眼球内の圧力が急激に上昇することで血管が押しつぶされ、血流が滞るだけでなく視神経までも萎縮してしまうのが急性緑内障発作です。

発祥からわずか三日で失明してしまうこともある危険な病気です。

多くの場合は突然の眼痛で始まりますが、中には目がチクチクした、かゆい感じがしたといった程度の軽微な症状であることも。

女性の場合、目の異変をつけ睫毛のせい、または花粉症だと軽く見ていたことから悪化させてしまうケースも。

目次にもどる


関連記事★
本当は怖い虫歯【グッドモーニング】虫歯で脳出血!?正しい歯磨き法とは
本当は怖い歯周病【グッドモーニング】最新の治療法と予防はこれだ!
国民の1割が患う過敏性腸症候群!自宅でできる緩和マッサージ
高血圧に朗報!注射一回で効果が数年の「高血圧ワクチン」って?

スポンサーリンク