【every.】東京ギョーザ探検隊!蒲田編&あったかまん特集

12月28日放送のニュースエブリィより、鈴木砂羽と木原実の「東京ギョーザ探検隊!~蒲田編~」&寒い冬に食べたい”あったかまん”特集をお届けします!

■目次


 ▶元祖羽根つき餃子!ニーハオ
 ▶変わり種餃子の人気店!中国料理 龍
 ▶最新!個性派あったかまん

スポンサーリンク










■元祖羽根つき餃子!ニーハオ


焼き餃子の一大ブームを巻き起こした羽根つき餃子の元祖も蒲田です。それがこちらのニーハオ本店。創業は今から33年前、多い日には200人以上が訪れる人気店です。

2016-12-28 18.34.23.jpg

ニーハオの餃子は全部で6種類、エビゆで餃子やスープ入り水餃子、王道の焼き餃子など、お好み次第で好きな餃子を選べます。

中国家庭料理 你好 (ニーハオ) 本店
〒144-0052 東京都大田区蒲田4丁目24−14
営業時間:11時30分~22時00分


なんと店主の餃子は兄弟にも引き継がれ、弟さんと妹さんも蒲田にお店を出しているそうです。ですが似ているようでそれぞれ売りが特徴があるのだとか。


弟さんのお店は金春(コンパル)。看板メニューは金春の羽根つき焼き餃子(300円)、お兄さんの餃子との違いは野菜の割合が多めなことと、隠し味に紹興酒と風味にこだわっていることだそうです。一番のおすすめはふかひれ入り水餃子で、ニンニクネギ油のタレで食べるとインパクト抜群!
2016-12-28 18.43.35.jpg

妹さんのお店は歓迎(ホアンヨン)。こちらの焼き餃子の特徴はしょうがを多く入れていること!
2016-12-28 19.15.10.jpg

★家庭で出来る羽根つき餃子の作り方★
①ぬるま湯20:小麦粉1の割合で羽根のもとを作る。
②フライパンを中火でしばらく温める。
③一度火を止めてから餃子を並べる(火の通りを均一にするため)
④餃子を並べたら中火にかけ、羽根のもとをまわし入れる。
⑤フタをして餃子を蒸し焼きにする
⑥羽根に焦げ色が付いたら油をまわし掛ければ完成!

目次にもどる


■変わり種の人気店!中国料理 龍


続いては中国料理 龍、変わり種が人気のお店です。
こちらのサンラータン餃子(600円)を実食!本格的な酸味のきいた酸辣湯スープがつるつるの水餃子と相性抜群。

2016-12-28 19.20.08.jpg

中国料理 龍
〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目4−3 カーサ蒲田ソシアルプラザ 2F
電話: 03-5480-6177


目次にもどる


■最新!個性派あったかまん


■ブタまんの江戸清(横浜中華街)
中華街で有名な江戸清、一番人気は大きなブタまん(500円)。

オススメなのが和風のあったかまん、黒毛和牛すき焼きまん(500円)。黒毛和牛、長ネギ、糸こんにゃくなどと甘辛く煮込み、生地には黒糖を練り込んで香ばしい甘みを加えました。さらにこの時期限定の信州みそ豚まん(500円)も。コクのある信州みそに野沢菜、豚肉を合わせたとっても温まる豚まんです。

2016-12-28 19.37.03.jpg

スポンサーリンク










■五十番 神楽坂本店
新宿区神楽坂にある手作り中華まんのお店、五十番。

常時10種類以上の中華まんを揃えているそうです。こちらのおすすめはマーボーまん(330円)、山椒をきかせてピリ辛の四川風に仕上げたあんに、細長い干し豆腐を加えました。八丁味噌でコクを加え、枝豆とコーンが食感のアクセントになっています。

2016-12-28 19.44.08.jpg


■釜石の海まん
岩手県釜石市で新名物のあったかまんが、泳ぐホタテのアヒージョまん(486円)。主に釜石などの岩手県内の材料を使用しており、地元の食材にこだわっています。
2016-12-28 19.49.05.jpg

ここまで地元の食材にこだわる理由は「復興」のため。「釜石にはこんな美味しいものがあるよ」と届けたいとの思いから。地元の愛がいっぱい詰まった”あったかまん”です。

他にも三陸極鮮炙りの鯖カレー、三陸天然鮭のグラタンの3種類を販売しているとのこと。釜石市内の道の駅で販売している他、インターネット(釜石の海まん公式サイト)でも購入可能です。

目次にもどる