【サッカー日本代表】今日のキーマンは原口&大迫!サウジアラビアに勝てば2位浮上!

11月15日、今日はいよいよワールドカップアジア最終予選のサウジアラビア戦です。

絶対に負けられない一戦です。

普通に行けば、今まで日本とサウジアラビアの戦績は7勝1分3敗だから、勝てそうだと思います。FIFAランキングでも日本が51位に対して54位。最後の対戦は2011年1月のAFCアジアカップで、結果はなんと5-0と日本の圧勝でした。

だけど、今回のサウジアラビアは強い!!

アジア最終予選で4戦負けなし、現在グループBの1位です。

何故そんなに強いのか!?

スポンサーリンク










それは下衆な話ですが”オイルマネー”がバックにあるからなんです。

もし、ワールドカップ出場を決めることが出来れば、選手にボーナスとして大金が出されるんです。
監督には年棒をはるかに上回る億単位の報奨金。こうやって監督と選手たちのモチベーションUPを図っているんです。そりゃあ必死になりますよね。


攻撃のキーマンは原口と大迫

本田や香川の先発出場が懸念される中、若手の攻撃陣が注目されてきます。キーマンの一人として挙げたいのが、4試合連続ゴールが期待される原口元気。

今、最も勢いのある選手といって過言ではありません。彼の武器はドリブル突破の強さ。ゴールに対して直線的に向かっていく人一倍攻撃力があります。

小学生の頃、愛犬のマティを相手に日々ドリブル練習に励んでいたそうです。そのおかげで本日の彼の姿があり、原口曰く「マティ相手の特訓のおかげで、誰が相手でも自信を持ってドリブルを仕掛けられる」とのこと。また、今日の試合については「勝ち点3を取りに行く一人として、いい仕事をしたい」とコメントしています。

2016-11-15 10.00.16.jpg

もう一人のキーマンは何と言ってもオマーン戦2ゴールを決めた大迫勇也でしょう。1年五か月ぶりの代表復帰ですが、絶好調です。彼の武器は絶妙トラップからのシュートがとにかく上手い!オマーン戦での2点目は、簡単に入れているように見えますが実は相手の逆をついて蹴り込んでいるので、とても難しいシュートだったんです。相手は大迫が来ればプレッシャーが半端ないでしょうね。

大迫の所属チームは、代表戦に送りたくなかったと言っています。それだけチームからの信頼も厚く、必要とされている選手なんです。

今日の試合は2点差以上の勝ちでグループ2位以上に浮上できると言われています。贅沢をいえば4点差をつけて1位に行っておきたい。今日が最終予選5試合目で折り返しとなりますが、残り半分は中東のアウェイがいくつかあるのでとても難しいと言われています。

絶対に、勝ちに行きましょう!!

テレビ放送は19時からテレビ朝日系列です。

スポンサーリンク











順位チーム勝点得失点
1サウジアラビア10310835出場
2オーストラリア8220633出場
3日本7211642大陸間プレーオフ※
4UAE620256-1
5イラク000326-4
6タイ000316-5

※大陸間プレーオフとは、FIFAワールドカップで本大会の出場をかけて行われる、
異なる地域のチーム同士のプレーオフのこと。ワールドカップの予選では、
各地域のサッカー連盟ごとに出場枠数が決まっているが、大陸間プレーオフでは
異なるサッカー連盟に所属する2チームがひとつの出場枠を争って戦う。


↓こちらもおすすめ↓
【サッカー日本代表】サウジアラビアに勝てばグループ1位浮上の可能性!