知らないと損する空の常識!【ミヤネ屋】機内のお得な裏ワザも!

5月10日放送の日本テレビ系『ミヤネ屋』より、元機長&元CAが教える飛行機の常識特集!

■目次


 ▶機内の緊急時マニュアル
 ▶オーバーブッキングはなぜ起こる?
 ▶意外とお得!?オーバーブッキングで降りた場合
 ▶機内のでお得な裏ワザ


スポンサーリンク










■機内の緊急時マニュアル


◎CAの指示に従わない場合…
乗客がCAの指示に従わずトラブルを起こした際は、機長に報告が行き、イエローカード(警告書)が出されます。

それでも従わなかった場合は、なんとレッドカード(命令書)が出されるとのこと。
2017-05-10 16.18.42.jpg

暴れる乗客に対しては手足を拘束したり、最悪緊急着陸してFBIに身柄引き渡し…ということにもなるそうです。

特にアメリカでは2001年の同時多発テロ以降、乗客のルール違反に過剰に反応するようになったのだそう。

目次にもどる


■オーバーブッキングはなぜ起こる?


近頃話題になっている航空会社のオーバーブッキング(過剰予約)問題ですが、実はオーバーブッキング自体は決して珍しいことではありません。

空席が出ると航空会社が損失を負うことになってしまうため、意図的に予定の座席数よりも多く予約を受け付けることは良くあることなのです。

◎どんな人が降ろされる?
降ろされる可能性の高い人は
①安い価格でチケットを購入した人
②チェックインが遅い人


ということです。逆に言えばファーストクラスやビジネスクラスの人、航空会社の常連客などは降ろされる可能性が少ないとのこと。

絶対に降ろされたくない場合は、早めにチェックインする、荷物も先に預けてしまうなどしておくと良いそうです。

目次にもどる

スポンサーリンク










■意外とお得!?オーバーブッキングで降りた場合


オーバーブッキングで予定の便に乗れなかった場合は、代替便と協力金を提供してもらえます。

さらに翌日になってしまうのであれば、宿泊するホテルの用意や協力金の追加などもあり、急ぐ旅ではないといった方には逆にオイシイことも。

ちなみに日本の航空会社(JAL・ANA)の場合、当日のオーバーブッキングで1万円または7500マイル、代替便が翌日以降になるのであれば2万円または1万5000マイルがもらえるとのことです。

アメリカでは近頃のオーバーブッキング問題を受けて協力金が大幅値上げされました。こんなにもらえるならぜひ譲りたいくらいですね…!
2017-05-10 16.31.39.jpg

目次にもどる


関連記事★
10歳若返る!?脳活でアンチエイジング!【ミヤネ屋】記憶の仕組み&超簡単トレーニング

■機内のでお得な裏ワザ


◎エコノミー料金でビジネスに乗れる!?
エコノミーが満席でビジネスに空きがある場合など、エコノミー料金でビジネス席に無料で変更できることがあるそうです。ポイントは、ピーク時期であること、早めまたは遅めのチェックイン、常連客であることなど、だそうです。

◎ドリンクはお代わり出来る
大手航空会社ならサービスでもらえるドリンクはお代わりが可能。JALの場合、一番人気なのはオリジナルのスープとのことです。




◎ガイドブックは持ち帰りOK
座席に置いてあるガイドブックは持ち帰り可能。中には観光地のクーポン券など付いてるものもあるので、チェックすると良いですね。


◎CAのいる位置で経験値が分かる
進行方向に対して、左側にいるCAがベテラン、右側は新人さんが多いそうです。一番偉いCAさんは左の一番前にいて、CA間で合図を送る時に右の後ろから順に送って最後に偉い人が確認する…というルールがあるからとのことでした。


◎上級会員が受けられる特別サービス
上級会員になると、高級ホテル並みのラウンジが利用できたり、優先搭乗、また預けた荷物が一番に出てくるなど数々の優遇が受けられるそうです。

目次にもどる

超便利!最新100円グッズ【ミヤネ屋】ダイソー・キャンドゥ・セリア
尿1滴でがんを早期発見!?【ミヤネ屋】N-NOSE検査って何??

スポンサーリンク