ぶら袖女子が急増中!長~い袖が可愛さアップ


ぶらそで.jpg

テレビの特集で、”ぶら袖”なるものが流行っていると
いうのを観ました。

ブラソデ!?
初めて聞く言葉です。
どうやら、2016最新ファッションとして
若い女性の間で大流行しているようです。



ほうほう。
どんなものか、探ってみました。

”萌え袖”というのは知っています。
セーターなどの袖で手の甲あたりまで隠す、
冬のモテ女子アイテムですね。

スポンサーリンク









ぶら袖はそれをはるかに上回る長さの袖を
文字通りぶらーんとさせてみることで、さらに
可愛さをアップさせて見せるアイテムとのことです。

ぶら袖が人気を集めるきっかけとなったのが
VETEMENTS(ヴェトモン)のお洋服だとか。
「ヴェトモン」の知名度上昇に伴い、流行の最先端・原宿では
女性を中心にコーディネートに取り入れる人が増加。

ヴェトモンの代名詞であるロングスリーブが
この度、脚光を浴びることとなったのです。

ヴェトモンのデザイナーDemna Gvasaliaは「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の
アーティステック・ディレクターを兼任しており、今業界で最も旬なデザイナーの一人。

そんなトレンドを取り入れた原宿系女子たちは
パーカーやスウェットなど厚手の生地のロングスリーブを捲り上げず、
ストンと落としてぶらぶらと着こなすのが主流となっています。



確かに腕を長く見せ、全体的に華奢な雰囲気を出す効果がありますね



ただ、ちょっと生活はし辛そうですね…
食事の際はゴムで固定したり、内側に折り曲げたりして
対策しているそうです。
なるほど。
それにオシャレは我慢とも言いますし。
オシャレ大好きな女の子にとって、多少の不便さは
許容範囲ってことですね!